ター坊の愉快な農的生活

turbo1297.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:病気との闘い( 8 )

第2クールの治療

8月7日(月)~13日(日)第2クールの治療
8月7日(月)と8日(火)外来通院で抗がん剤投与。2日間にわたり(1日約4時間)投与した。
c0203348_17303533.jpg
9日(水)~12日(土)副作用を抑止するための薬を飲む。
c0203348_17313072.jpg
現段階での副作用は、①激痩せ、②手足のしびれ、③頭髪の抜け・・・が見られる。

[PR]
by turbo1297 | 2017-08-16 17:22 | 病気との闘い | Comments(0)
8月1日(火)治療計画に基づき順調に推移
抗がん剤を投与し、副作用防止の薬を服用した後、体力回復を行っているが、次のクールに行く前に中間チェックとして「血液検査」等を行った。
白血球の数が少ないようであるが、一応許容範囲であると言う。来週の月曜日(8月7日)に第2回目の抗がん剤投与(点滴により)を行う予定。血液検査後、結果が判るまで時間があるので、病院に備え付けのパソコンで時間を潰す。
c0203348_11584624.jpg

[PR]
by turbo1297 | 2017-08-03 12:00 | 病気との闘い | Comments(0)

体力回復のために静養

7月24日(月)~30日(日)体力回復期間
24日(月)退院して3日目。食欲は余り無いが体力を付けなければ!と思い、「うなぎの蒲焼」をリクエスト。美味しかった。気分的に体力が回復するような気持になった。

25日(火)
少し食欲が湧いてきたのか、目先を変えてパンが食べたくなり、11時頃、自転車を飛ばし近くのパン屋に走った。久しぶりの太陽の下で頭がボーとなった。午後は、KSN花立支部に「ドリーム」を届けた。痩せた身体を見せたくなく、コッソリ行って、コッソリ帰って来た。

26日(水)
副作用のせいか、手先に「しびれ」とまではいかないが、手先の感覚がおかしい。それに加え、口内炎となり始めた。食事の後は丁寧な歯磨き、うがい薬によるうがいを励行していたのに少し出てき始めた。

27日(木)
気分転換に、親子三代の3人で西原村に水汲みに行った。ペットボトルを運ぶにも「どっこいしょ」と声を出し、力が衰えているのが自分でも良く分かる。
c0203348_10563160.jpg
c0203348_10564966.jpg
28日(金)昨日の冒険(?)が悪かったのか、朝食後少し発熱した。熱さましの薬を飲み、冷房の効いた部屋で一人静かにしていた。口内炎が痛い。

29日(土)
今日は江津湖療育医療センターで「夏を楽しむ会」が行われる。入所している子ども達も楽しんでいることだろう!甥っ子夫婦が見舞に来てくれた。退院以来まだ下痢が続いている。

30日(日)
口内炎がやっと治まりそうだ。口内炎が治り、食欲も出て来ると、冷蔵庫を開けたくなる。

[PR]
by turbo1297 | 2017-08-03 11:05 | 病気との闘い | Comments(0)

我が家での体力回復

7月23日(日)我が家で体力回復に努める

7月21日(金)午前中に熊本日赤病院を退院する。結局8泊9日となった。久しぶりに外気に触れたが、頭は未だボーとしている。入院費用は67,000円程度。
昼頃から体温が38度を超え、熱を下げたり痛みを和らげる作用がある薬(カロナール錠)を2錠飲む。気持ちよくしばらく眠る。
3時頃、病気を心配した阿蘇に住む兄貴夫婦が「トウキビ」を持ってやって来る。
下痢は止まらず。夜中の3時頃体温が上昇し始め、再びカロナール錠を飲む。こんなことが副作用の苦しさか?

7月22日(土)一日中、布団の中で寝転びながら過ごす。下痢は続く。夜は思いっきり、牛肉を焼いて食べる。御飯はお茶碗半分程度。副作用の影響で2~3週間後には「脱毛」すると言う。オッカナイの反対があったが、バリカンで長さ6ミリメートルの長さの丸坊主にする。
c0203348_21510300.jpg
c0203348_21510817.jpg
昼寝ていたせいか、なかなか眠りつけなかったが、下痢も止まる。

7月23日(日)今朝は早めに目が覚め、新聞を取り、お腹のすいているのを感じる。みんなに内緒でバナナ1本を食べる。少し調子が良くなると、あれをやっていない、これをやっていない!と欲が湧いてくる。下痢は止まったが、トイレに行っても大きい方は出ずガスばかり。まぁ~先は長い。気長にやろう!



[PR]
by turbo1297 | 2017-07-23 22:23 | 病気との闘い | Comments(2)

退院1日延期か?

7月20日(木)午前中に抗がん剤投与
今までの検査の結果、抗がん剤を投与することになった。下痢気味だけの副作用で、気分は、滅入っていない!
スマホから初めて投稿してみる。
(^o^)

[PR]
by turbo1297 | 2017-07-20 10:57 | 病気との闘い | Comments(0)

第2回目の入院

7月14日(木)~20日(木・予定) 熊本日赤病院
13日(木)…他に移転していないかの検査(日赤病院以外の地)
13日(木)…4時頃入院手続き、水分補給を目的とした点滴開始(8時間で500ml×3)
14日(金)…治療開始・・・抗がん剤(3種)投与
15日(土)…同 上(副作用が出ないか何回もチェックされる。)食欲がない。
16日(月)…飲み薬のみとなり、点滴装置がはずされる。久しぶりにバスタブに入る。
17日(火)…副作用を抑えるための飲み薬のみ。食欲不振、下痢気味だけで、嘔吐、発熱、口内炎等の症状はない。
18日(水)…副作用を抑えるための飲み薬のみ。頭がはっきりしてきたので、「葉室隣」の文庫本を2日で2冊読んだ。
19日(水)…朝食抜きで、9時半から胃カメラをによる胃の検査(多分、胃に移転していないかの最終チェックだろう?)。明日退院できれば幸いだけど!!
[PR]
by turbo1297 | 2017-07-19 11:39 | 病気との闘い | Comments(0)

初めての入院・執刀

7月9日(日)入院~退院~治療
6月25日(日)~30日(金)
お腹の中に「しこり」を感じるので、それがなんであるのか「検体」を取り出すため、熊本赤十字病院に入院した。人生初めて入院、手術を体験した。お腹のへその上を7センチメートル程切開した。術後3~4日はクシャミ・咳・笑うこと…すべてが痛かった。
c0203348_15405675.jpg
7月7日(金)
日赤病院に病名を聞きに行き、対処方針をドクターと確認した。
長い間、ブログ更新もしないのに多くに人が訪れてくれていることから、事実を書いておくことにする。
c0203348_15410628.jpg
病名:悪性リンパ腫(びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)
治療:R-CHOP療法。抗がん剤は比較的良く効く病名であるので、4種類の薬を3週間ごと3回飲む。終了後「リンパ腫」の存在を確認し、放射線治療を考える。
事前検査:①血液を作る骨髄に異状無いかの検査を10日(月)、②他に移転していないかの確認検査を13日(木)に行い、14日(金)から投薬を開始する。このため、最初だけは入院することとなる。

c0203348_15411728.jpg
前回の検査入院の時は、小林麻央さんのブログのことが取り上げられていた。
まさか、今まで健康だった自分が、このようになるとは夢にも思わなかった。
80~90%の人は完治する!と言うドクターの説明を信用し、治療に専念しよう!
c0203348_15412719.jpg




続きはここをクリックして下さい!
[PR]
by turbo1297 | 2017-07-09 16:01 | 病気との闘い | Comments(0)

日赤病院へ行く

6月21日(水)及び22日(木)日赤病院へ
お腹の痛さが収まらない!
遂に、町医者では無理と思い、熊本日赤病院へ行くことにした。
21日(水)は内科・・・ずいぶんと待たされた。
色々と検査を行い、お腹にしこりがあるので、その中身を明日以降検査すると言う。
22日(木)は外科・・・しこりの一部を取り出し、「病名」を決め、対処方針を考えると言う。
相談する時間は短いが、待ち時間は長い。それでも良くなるためには「藁をも掴む思い」。
結局、25日(日)~検査入院が決まった。27日(火)からはKSN花立サロンの課外授業「天草旅行」に行く予定だったのに!これも行けないなぁ!あ~あ!これが本当の「俎板の鯉」

[PR]
by turbo1297 | 2017-06-25 11:09 | 病気との闘い | Comments(2)

21年3月定年退職した高木(ター坊)の野菜作り、障害者を守る会活動、お孫ちゃんとの会話を通じ、多くの方との素晴らしい出会いと笑顔の人生物語


by turbo1297