8月31日(木) 2対5の戦い

抗がん剤は、急速に増殖する「異常細胞」に障害を与えるが、正常の細胞にも影響を与え、これを「副作用」と呼ぶ。副作用の発現時期の目安や症状等は事前に説明を受けるが、治療を受ける患者本人の体質や体調により異なってくる。

私の場合、「下痢」がひどかった。第1回目の抗がん剤投与(2日間)後は、1週間程の入院を余儀なくされたが、2日目から下痢が始まった。

入院病室は、特別室、個室、4人室があり、当然のことながら、特別室、個室は特別料金(差額室料)が必要となる。私の場合、もちろん4人室。このような病気になると、(男性ばかりであるためか)ほとんどの日常会話は無い。

c0203348_10021421.jpg

下痢がひどいため、1~2時間間隔でトイレに駆け込む。小便が肛門から出てくる状態が続く。現代のトイレは設備も整い、使用後はお尻を洗浄するようになっている。また、洗浄するときの水(お湯)の強さも1~6まである。何回も・何回もトイレに駆け込むとお尻(肛門)も痛くなってくる。洗浄するときの水圧も下から2番目を選択していた。・・・と、ところが1~2時間おきにトイレに行くたびに、この水圧が「5」となっている。同じ部屋の誰か(あるいは他の3名)も1~2時間おきにトイレに行き、水圧を「5」で利用しているのだ。しばらくの間、2対5の状態が続いた。たまに水圧が「2」になっていると、あれ~誰も来なかったんだ!と変な優越感みたいな気持ちになる。4日目位になると、なんだか馬鹿々々しくなり、終了後は自ら水圧を「5」にしてトイレを後にした。我が家で静養するようになると、同室の人も「会話の無かった戦友」のような気がする。


[PR]
by turbo1297 | 2017-08-31 10:02 | 病気との闘い | Comments(0)

かがり火届く

8月30日(水)かがり火(176号)届く

「地域づくりは面白い。地域を学び、地域で遊ぶためのヒューマンネットワークマガジン」のが届いた。裸一貫から財を成した成功物語でなく、地域でコツコツと人のため、世のため生活している人たちにスポットライトを当てる情報誌。数年前、倒産の憂き目にあい、それを知った読者がこんな本を潰したら私たちの恥だ!と自発的に寄付をし始め、再発刊することとなった。興味のある人は是非読者になって欲しい。http://www.kagaribi.co.jp/ ☎:03-5276-1051 Fax:03-5276-1050


c0203348_15454985.jpg
今回の、「かがり火」にふるさと食農ほんわかネット会員の尾崎千恵子さんの文章が載っていた。彼女は、福岡県出身で『農家の嫁から女性農業者へ』となった、現在、さいたま農村女性アドバイザー。その彼女が「すい臓がん」だと言う。地域おこしの農村女性を沢山紹介していただき、毎年1回行う「ドリーム東京読者の集い」では毎回話題の中心になっていた人。尾崎さん!私も闘っています。負けてたまりますか!一緒に頑張りましょう!!
c0203348_15461335.jpg


[PR]
by turbo1297 | 2017-08-30 15:49 | 食・農・環境・GT | Comments(0)

8月29日(火)2日目の抗がん剤投与は延期!

第3回目の2日目として熊本赤十字病院(通称:熊本日赤)に8時半に行った。30分ほどして主治医に呼ばれた。昨日の血液検査の結果、肝機能に関する数値が異常に高く、今日、もう一度血液検査及びエコー検査を行って下さい!との指示。右手には今日の点滴をすべく注射針を通し、20センチ程の管を留めており、左手で採血。

c0203348_15223142.jpg

検査結果を待つこと2時間程。再び主治医に呼ばれ、昨日ほどの肝機能の異常数値は示していないが、もう少し体力回復に努め、来週(9月4日)に延期しましょう!とのこと。

  1. 皮膚、粘膜、神経の炎症や貧血を改善する薬

  2. 肝臓の働きを改善する薬

  3. むくみ、下痢、嘔吐、めまいを改善する薬

  4. 下痢を緩和させる薬・・・・・それぞれ1週間分をもらい、ひとまず退散!

副作用として、手足のしびれと頭髪の抜けが現われている程度であり、食欲はあるので、まぁまた1週間頑張るか!


[PR]
by turbo1297 | 2017-08-30 15:23 | 病気との闘い | Comments(0)

3回目の抗がん剤投与

8月28日(月)第3クールの抗がん剤投与(1日目)

点滴による「抗がん剤投与」は2日間で行う。今回(今日・明日)で3回目の「化学療法(抗がん剤投与)」となる。1回目は入院形式で行い、投与後は看護師さんが1時間おきに様子を見来て、パソコンにデータをまとめていた。

2回目以降は、外来化学療法センターでの外来形式である。

受付後、検温・血圧・体重測定を行い問診表に記入。看護師が体調を確認し採血。採血終了後30分~60分で検査結果が判り、点滴による「抗がん剤投与」が始まる。治療中またはその前後に主治医との会話がある。

c0203348_11110857.jpg

今日は、文庫本を持参していたが、最初の薬に睡眠誘導剤が入っているのか、いつの間にか眠っていた。10時頃から始まったこの作業も終了したのは1330分頃だった。


c0203348_11114837.jpg
我が家に帰る途中、オッカナイ(オー家内)が近くのスーパーでの買い物することになり、付き合った。車の中で待っていたのに頭がボーとしてきつかった。これが抗がん剤のせいかなぁ~と思った。


[PR]
by turbo1297 | 2017-08-30 11:12 | 病気との闘い | Comments(0)

気晴らしに南阿蘇方面へ

8月27日(日) 南阿蘇村へ

乗用車の車検期限が9月の上旬となっているため、今日、購入先のマツダ熊本に運んだ。代車が用意され、真っすぐ我が家に帰るのも芸がない。

今朝の新聞で、熊本地震後14ヶ月ぶりに「南阿蘇村の長陽大橋ルート」が開通するとの報道があっていた。

c0203348_11034436.jpg

南阿蘇村(旧白水村)に友人がおり、私の身体のことを心配していた。開通した橋を利用し南阿蘇村に向かおうとしたが、車両の通行が始まるのは正午からだった。正午までは待てず、俵山ルートを利用し南阿蘇村へ進んだ。

身体のことを心配してくれていたHファミリーとの話は弾んだ。結構元気なのに、なぜブログを更新しないのか?との話になった。同じ境遇の人を必ず助けるはずだから、出来る範囲で「癌」情報を流すべきだ!と言われた。昼食には、南小国町の黒豚肉でのトンカツが用意されていた。(お土産にもらったショウガの梅酢漬け)

c0203348_11043884.jpg
オッカナイ(オー家内)には話さなかったが、病気・病魔に勝つように「カツ」を用意してくれていたのかも知れない、と思った。身近な友人にこの様な心配りをやってもらっているのだ!ブログ更新を続けよう!(Hさん宅の玄関上にあったクマ蜂の巣)


c0203348_11071482.jpg


[PR]
by turbo1297 | 2017-08-30 11:08 | 病気との闘い | Comments(0)

8月15日(火)ドリーム第201号(8月号)発行
先月、華々しく200号記念号と銘打って発行したのに、201号は、自分の病気の白状。
それでも事実は事実。包み隠さず書いた。
c0203348_17352291.jpg

人間!一寸先は闇

腹痛の原因はリンパ線癌だった

高木正三(ドリーム編集長)

「ご飯を食べた後直ぐ寝ると『牛』になる」(ドリーム第199号)や「手術台」(同200号)の腹痛の原因は、悪性リンパ腫(正式名:びまん性大細胞型B細胞リンパ腫)であった。いわゆるリンパ系の組織から発生する悪性腫瘍(がん)である。前号の手術台の検査は、しこり(腫瘍)の一部を切り取り、顕微鏡で観察し、悪性リンパ腫の診断と病型分類を決定したのである。

ドクターから「診療行為説明書」に基づき説明を受けるが、頭が「ガ~ン」となった!とのダジャレも出ない。病気の特徴、今後の検査、治療方法、副作用等の一連の流れを夫婦そろって聞く。ドクターは若く、最初は大丈夫かな?と思っていたが、説明が進むに従い、「先生!何とかして下さい!」との気持ちになる。



続きはここをクリックして下さい!
[PR]
by turbo1297 | 2017-08-16 17:39 | 食・農・環境・GT | Comments(0)

豪華料理と激励

8月13日(日)豪華料理と激励
大島一家は明日から1泊2日の旅行(大分方面)
結団式(?)とジィちゃんの激励を兼ねて豪華な料理

c0203348_17274338.jpg
ムシャ・ムシャ食べられないのが残念!

c0203348_17283804.jpg
c0203348_17291275.jpg
c0203348_17285524.jpg

[PR]
by turbo1297 | 2017-08-16 17:29 | 孫の手(陸目八目) | Comments(0)

第2クールの治療

8月7日(月)~13日(日)第2クールの治療
8月7日(月)と8日(火)外来通院で抗がん剤投与。2日間にわたり(1日約4時間)投与した。
c0203348_17303533.jpg
9日(水)~12日(土)副作用を抑止するための薬を飲む。
c0203348_17313072.jpg
現段階での副作用は、①激痩せ、②手足のしびれ、③頭髪の抜け・・・が見られる。

[PR]
by turbo1297 | 2017-08-16 17:22 | 病気との闘い | Comments(0)

荒れ放題の我が庭

8月3日(木)手入れもできず荒れ放題
今年は、病気と闘っていることもあり、庭も荒れ放題。意欲が無いので「荒れ放題」となっていても「仕方が無いか!」との心境。
大きくなっているのは、大葉(青紫蘇)のみ。
c0203348_12045442.jpg
お蔭で、冷やしソーメンの薬味はバッチリ!
昨年までであれば出来上がっているであろう「緑のカーテン」も今年はこの有様。
c0203348_12061232.jpg
昨日(8月2日)までに、口内炎も治まり下痢も止まった。食欲も少しずつ出てき始め特に朝は待ち遠しい。ただ、そろそろ頭髪が抜ける時期だと思う。なるべく頭に触らないようにしている


[PR]
by turbo1297 | 2017-08-03 12:09 | 野菜の栽培 | Comments(0)

8月1日(火)治療計画に基づき順調に推移
抗がん剤を投与し、副作用防止の薬を服用した後、体力回復を行っているが、次のクールに行く前に中間チェックとして「血液検査」等を行った。
白血球の数が少ないようであるが、一応許容範囲であると言う。来週の月曜日(8月7日)に第2回目の抗がん剤投与(点滴により)を行う予定。血液検査後、結果が判るまで時間があるので、病院に備え付けのパソコンで時間を潰す。
c0203348_11584624.jpg

[PR]
by turbo1297 | 2017-08-03 12:00 | 病気との闘い | Comments(0)