ター坊の愉快な農的生活

turbo1297.exblog.jp
ブログトップ

試運転(予行演習)

7月19日(木)コンペの前の予行演習
7月25日(水)にKSN(熊本シニアネット)のゴルフコンペが予定されているが、18ホール回れるか否か、判断が必要だ!との変な理由でKSNメンバーとゴルフ予行演習に行った。…この暑いのに!
一昨日の検査結果に気分を良くし、目線は既に未来を見つめている(病気療養中はこんな余裕も無かったくせに…)
c0203348_10595962.jpg
スコアは、まず100を切ること。結果は98だった。
このように力まず、冷やかし気分でクラブを振った。
c0203348_10594547.jpg
暑かった!熱かった!
朝7時半からのスタートでも同伴競技者のうち1名は前半で切り上げた。
勇気ある選択だ!
暑い中、クラブが降れるだけも幸せ!と感じた。このような余裕も出てきた。
c0203348_10595331.jpg

[PR]
# by turbo1297 | 2018-07-20 11:06 | 熊本シニアネット(KSN)活動 | Comments(0)

CT検査

7月17日(火)血液及びCT検査
放射線治療が終了(6月12日)し、約1ヶ月後の7月17日(火)に血液検査及びCT検査が予約されていた。
左手腕は血液検査のための注射
c0203348_10453523.jpg
右手腕は、CT検査のために造影剤を注入するための注射跡。
c0203348_10452528.jpg
検査結果は、結論的に言えば「良好
薬物療法(抗がん剤投与)及び放射線治療により、ガン細胞の塊は当初の3分の1程になり、残っているのは、いわゆる「がん細胞の死骸」で、悪さをすることはないでしょう…との診断。
ちょっとの不安はあるがひとまずホッとする。次回は9月に血液検査の予約が入っている。その状況を見てCT検査が必要であるか、判断するそうだ。私の身体のそれぞれの部分ヨ、ありがとう!

[PR]
# by turbo1297 | 2018-07-20 10:55 | 病気との闘い | Comments(0)

チマキづくり講習会

7月15日(日)チマキづくりを教わる
「水汲み」を兼ねて阿蘇の姉の家でチマキづくりを教わる。
1)アンコ作りの部
農村物直売所「菊池のまんま」でゲットしたカライモが原料。
カライモ:1㎏、白砂糖:400g、三温糖:400g、塩:少々
①カライモは皮を向き、幅5ミリ程のチップにする。
②20分ほど蒸す(色が変わるまで)
c0203348_11140593.jpg
③太めの鍋で潰し、砂糖を混ぜ合わせ、中火でトロトロにする。
c0203348_11161985.jpg
c0203348_11161089.jpg
④ピンポン玉の太さにする。
c0203348_11410770.jpg

2)チマキの外側の部
【材料】米粉(うるち米)600g、米粉(もち米)400g、水400CC、塩少々
材料をボールの中で混ぜ合わせ捏ねる。
生地を作るため捏ねて・捏ねて…(このままにしてカライモ餡子づくりに取り掛かる)
c0203348_11293467.jpg
先程のあんこを、チマキに包み込む。
原料が米粉のみであるので粘着力が弱く、あんこが顔を出す。
c0203348_11294557.jpg
沸騰したお湯の中に7~8個を上手く重ね、浮き上がらないようお皿を重しにする。
c0203348_11295239.jpg
書き忘れたが、綺麗なササを取ってきて、熱いお湯で1回ゆがく。
そしてこれが出来上がり。
私の作ったチマキは、アンコが飛び出ていた。それでも味は同じ。美味しかった!
c0203348_11295951.jpg



[PR]
# by turbo1297 | 2018-07-16 11:41 | 食・農・環境・GT | Comments(0)

ドリーム30年7月号

7月15日(日)ドリーム第212号(7月号)発行
普通は、発行が17~18日になるが、今月は珍しく、15日以前に発行することが出来た。
先ずは、一面を紹介します。

来た時よりも美しく

高木正三(ドリーム編集長)

世界中を興奮のるつぼに(おとしい)れたサッカーのワールドカップ(w杯)も幕を閉じようとしている。本大会に出場できなかった大多数の国、一次リーグで敗退した国、ベストエイトに進出できなかった日本を含む国、勝者も敗者も4年後に焦点を合わせ新たなスタートを切っている。「今回よりもより強く」を目指して・・・

日本がコロンビア代表に勝利したこと、FIFAランキング3位のベルギーと互角の勝負をしたことで世界中から注目された。それ以上に話題になったのが、日本人サポーターによる試合後のゴミ拾いだ。初めてのことだと思ったが20年前(1998年のフランス大会)から行っているそうだ。大会中、イギリスメディアから、なぜ日本人はそのようなことをするのか、と質問された吉田麻也選手は「日本には、来た時よりも美しくという言葉がある。」と紹介し、サポーターの振る舞いに胸を張った。(続きを読みたい方は「続きはこちら」をクリック




続きはこちら
[PR]
# by turbo1297 | 2018-07-14 22:21 | 食・農・環境・GT | Comments(0)

包丁研ぎを依頼

7月14日(土)切れる包丁
剪定ばさみと包丁3本の研ぎを専門家に依頼した。
日頃から包丁は自己流で研いでいるが、1年に1回は商売人にお願いする。

c0203348_22073096.jpg
私の依頼以外に誰もいなかったので、包丁研ぎの極意について色々と聞いた。
自己流の研ぎは、少し角度が急だったようだ。1~2回は切れるが直ぐに切れなくなるとのこと。

c0203348_22074104.jpg
研ぎ料金は包丁1本が400円。
剪定バサミが700円。
それでもこれだけ綺麗になる。ちょっと試し切りをしてみるとバッチリ

c0203348_22073613.jpg
気長に一心不乱に研ぐのがコツらしい。
プラス何回も経験することだと言う。

c0203348_22074876.jpg

[PR]
# by turbo1297 | 2018-07-14 22:12 | その他 | Comments(0)

21年3月定年退職した高木(ター坊)の野菜作り、障害者を守る会活動、お孫ちゃんとの会話を通じ、多くの方との素晴らしい出会いと笑顔の人生物語


by turbo1297