ター坊の愉快な農的生活

turbo1297.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:食・農・環境・GT( 250 )

全国まちづくり交流会

7月27日(金)~29日(日)まちづくり交流会に参加
「第16回全国まちづくり交流会in熊本・玉名」が玉名市岱明町及び横島町で開催されたので参加した。「地域を学び、地域で遊ぶためのヒューマンネットワークマガジン」『かがり火』という情報誌があるが、日本全国でまちづくりに汗を流している人たちの多くが読者となっている。この人たちが独自に交流会を開催している者であり、行政からの助成等は一切無し。全て手弁当。
読者の中で、地域の情報を提供する人たちが「かがり火支局長」となっているが、その数全国に約250名。農業、漁業、林業、福祉、建設、行政、サービスなど様々な分野で活躍している人たちの情報を気軽に交換しようということで、27日(金)午後には「かがり火支局長会議」を開催。
北海道、宮城県、東京の神津島から等々、41名が参加。今回は、支局長のネットワークを深く太くするための方策をフリートキング方式で実施。
全国の海千山千の支局長を相手に司会進行係を担当。何とか時間内に終了しホッとした。さぁ~今からまとめよう!!
c0203348_10424557.jpg
27日(金)夜には、約150名が参加して「前夜祭」を開催。
北海道のホタテ貝、天草の生きた海老、奈良県からは過去の葉寿司、高知・馬路村から清涼飲料水「ごっくん」等々全国各地から名産品が続々・・・。
オッカナイ(オー家内)の監視が無かったので、ビールをちょっと一杯。
28日(土)午前中は、炭焼きの体験
c0203348_10462295.jpg
c0203348_10462723.jpg
c0203348_10463364.jpg
出来上がった炭。広島で災害に遭われた地域の川に浄化槽材として運ぶ予定。
c0203348_10464143.jpg
28日(土)午後は講演会
c0203348_10482089.jpg
講演会場で一休みのゲーム
c0203348_10493545.jpg
28日(土)の夜は、今回のメイン「大交流会」が開催されたが、自分自身の身体のこともあり、申込していたのに自重した。料理の旨さより自分の身体を優先した。少し後ろ髪を引かれたけど・・・

[PR]
by turbo1297 | 2018-07-30 10:53 | 食・農・環境・GT | Comments(0)

チマキづくり講習会

7月15日(日)チマキづくりを教わる
「水汲み」を兼ねて阿蘇の姉の家でチマキづくりを教わる。
1)アンコ作りの部
農村物直売所「菊池のまんま」でゲットしたカライモが原料。
カライモ:1㎏、白砂糖:400g、三温糖:400g、塩:少々
①カライモは皮を向き、幅5ミリ程のチップにする。
②20分ほど蒸す(色が変わるまで)
c0203348_11140593.jpg
③太めの鍋で潰し、砂糖を混ぜ合わせ、中火でトロトロにする。
c0203348_11161985.jpg
c0203348_11161089.jpg
④ピンポン玉の太さにする。
c0203348_11410770.jpg

2)チマキの外側の部
【材料】米粉(うるち米)600g、米粉(もち米)400g、水400CC、塩少々
材料をボールの中で混ぜ合わせ捏ねる。
生地を作るため捏ねて・捏ねて…(このままにしてカライモ餡子づくりに取り掛かる)
c0203348_11293467.jpg
先程のあんこを、チマキに包み込む。
原料が米粉のみであるので粘着力が弱く、あんこが顔を出す。
c0203348_11294557.jpg
沸騰したお湯の中に7~8個を上手く重ね、浮き上がらないようお皿を重しにする。
c0203348_11295239.jpg
書き忘れたが、綺麗なササを取ってきて、熱いお湯で1回ゆがく。
そしてこれが出来上がり。
私の作ったチマキは、アンコが飛び出ていた。それでも味は同じ。美味しかった!
c0203348_11295951.jpg



[PR]
by turbo1297 | 2018-07-16 11:41 | 食・農・環境・GT | Comments(0)

ドリーム30年7月号

7月15日(日)ドリーム第212号(7月号)発行
普通は、発行が17~18日になるが、今月は珍しく、15日以前に発行することが出来た。
先ずは、一面を紹介します。

来た時よりも美しく

高木正三(ドリーム編集長)

世界中を興奮のるつぼに(おとしい)れたサッカーのワールドカップ(w杯)も幕を閉じようとしている。本大会に出場できなかった大多数の国、一次リーグで敗退した国、ベストエイトに進出できなかった日本を含む国、勝者も敗者も4年後に焦点を合わせ新たなスタートを切っている。「今回よりもより強く」を目指して・・・

日本がコロンビア代表に勝利したこと、FIFAランキング3位のベルギーと互角の勝負をしたことで世界中から注目された。それ以上に話題になったのが、日本人サポーターによる試合後のゴミ拾いだ。初めてのことだと思ったが20年前(1998年のフランス大会)から行っているそうだ。大会中、イギリスメディアから、なぜ日本人はそのようなことをするのか、と質問された吉田麻也選手は「日本には、来た時よりも美しくという言葉がある。」と紹介し、サポーターの振る舞いに胸を張った。(続きを読みたい方は「続きはこちら」をクリック




続きはこちら
[PR]
by turbo1297 | 2018-07-14 22:21 | 食・農・環境・GT | Comments(0)
6月15日(金)ドリーム発行
第213号となったドリームが出来上がった。
少しマンネリの感もするが、それ以上に激励ももらう。
元気になるというのはこんなことがを言うのか?
先ず一面の紹介を・・・

「逃げる」「隠す」「嘘をつく」

高木正三(ドリーム編集長)

5月は記者会見がメディアを賑やかした。警察関係の犯人逮捕や犯罪の事前防止の記者会見時はちょっと自慢げの雰囲気が漂ってくるし、不祥事案件であれば、向こう側には座りたくない場所だなぁ~と思う。危機管理広報の三大鉄則とは「逃げない」「隠さない」「嘘をつかない」ことだと言う。謝罪会見でありながら、逃げの姿勢に終始し、隠し、嘘をつき、翌日は病院に本当に逃げてしまった人も居る。マイクを握る人も忖度する人も小学校で習う「逃げない」「隠さない」「嘘をつかない」ことを実行すれば国会であれだけ喧々(けんけん)諤々(がくがく)することは無い。「実態を究明するため懇切丁寧に説明して参りたい」なんて言っても、国民はそのこと自体を「逃げている、隠している、嘘をついている」と解釈する。(続きを読みたい方は、下の「続きはここをクリックして下さい!」を今すぐクリック)





続きはここをクリックして下さい!
[PR]
by turbo1297 | 2018-06-19 09:50 | 食・農・環境・GT | Comments(0)

白金の森を視察

5月23日(水)白金の森を視察
「地域づくりは面白い。地域を学び、地域で遊ぶためのヒューマンネットワークマガジン」かがり火の編集長:菅原歓一さんの取材に同行した。行先は「コッコファームと共にさらなる未来へ」のキャッチフレーズでの「白金の森」
かがり火:http://www.kagaribi.co.jp/
白金の森:https://shirokane-mori.jp/
c0203348_09362910.jpg
コッコファームの創業者:松岡義博さんが夢の集大成として、「農業の未来」「地域の未来」「環境の未来」を全世界に発信しているもの。宿泊・食事・温泉を兼ね備えた別次元の施設。
取材を受けている松岡会長
c0203348_09383828.jpg
園内の一部風景
c0203348_09392150.jpg
ここがレストランか?と思うほどのゴージャスな雰囲気

c0203348_09400002.jpg
レストランの個室からは夢の世界がのぞけるようだ!
c0203348_09400585.jpg

[PR]
by turbo1297 | 2018-05-25 09:44 | 食・農・環境・GT | Comments(0)

ドリーム30年4月号発行

4月18日(水)ドリーム30年4月号発行
身体の調子も十分ではないが、18日(水)玉名市で「ふるさと食農ほんわかネット」の29年度の会計監査を受けた。29年度は1万6千円程度の赤字繰越となった。あと10名程の人が読者となってくれれば解消するが・・・。高群さんに昼食をご馳走になった。
今月も、ドリームを発行することが出来た。先ずは一面の紹介から・・・

情報隠しと屁理屈の横行

高木正三(ドリーム編集長)

先月号を発行した後、3月21日より今年3回目の入院をした。病院のベッド(特にクリーンルームに隔離された場合)では時間つぶしにテレビでも見るほかない。この間、行政の堕落・劣化、行政の緩みをイヤと言うほど感じた。自分(達)に都合の悪い情報については勝手に隠蔽していることである。厚生労働省では裁量労働制正当化の元になった不正確な労働時間調査の原票、文部科学省では加計学園の獣医学部新設に際し内閣府から「総理のご意向」とされた文書、財務省では国有地の取引を巡る森友学園との交渉記録、防衛省では南スーダンの国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報、等々。また、財務省による国有地売却に関する決裁文書の大掛かりな「改ざん」には驚かされた。




続きはここをクリックしてください
[PR]
by turbo1297 | 2018-04-20 09:44 | 食・農・環境・GT | Comments(0)

ドリーム3月号発行

3月19日(月)ドリーム3月号発行
治療のため熊本赤十字病院に入院が2週間、我が家での生活が2週間。ドリームを作成するために帰省するみたいだ。楽しみにしている人がいるからこちらもやる気が出る。
今月ドリームの一面から・・・

選手の品格と言葉の重み

高木正三(ドリーム編集長)

韓国・平昌冬季五輪での日本選手の活躍に笑顔と勇気をもらった。日本人選手の大奮闘に熊本赤十字病院のクリーンルームで涙腺を緩ませていた。テレビで繰り返される感動の場面には一人部屋で誰に憚ることなく何度も目頭を熱くした。

金4個、銀5個、銅3個のメダル獲得数にも素直に喜ぶが、①試合後の立ち振る舞い、②インタビューの受け答えに特に感動を覚えた。

小平奈緒選手はスピードスケート女子500メートルを懸命に走り抜いた。オリンピック記録を更新した。日本人応援団を中心とする観客席は喜びで騒然となった。


続きはここをクリックして下さい!
[PR]
by turbo1297 | 2018-03-20 20:17 | 食・農・環境・GT | Comments(0)

フキノトウとだご汁

しばらくの間、パソコンの調子が悪く、ブログも更新できなかった。3月20日(火)KSNの「お助け塾」にパソコン持参で相談に行った。さすがは専門家揃い、すべて解消しスピードも速くなった。少し遡るがブログを更新しておこう!

3月15日(木)フキノトウとだご汁


久しぶりに阿蘇の姉の所に顔を出すことにした。私の体重が増えるように「餅つき」の準備がされていた。小型の機械なので簡単で時間も早い。餅つきは写真に収めなかったが、時期にマッチした「フキノトウ」が用意され、早速天ぷらにして頂いた。又小さい時から食べている「だご汁」の味は絶品だ!

c0203348_18532047.jpg

c0203348_18532753.jpg
c0203348_18533627.jpg
c0203348_18534351.jpg


[PR]
by turbo1297 | 2018-03-20 18:56 | 食・農・環境・GT | Comments(0)

ドリーム2月号

時期遅れのドリーム2月号紹介
先月「ドリーム」2月号を発行(2月15日)するや否や19日(月)から一人旅(行先:熊本赤十字病院)に出かけたため、紹介する暇も無かった。遅ればせながら紹介しよう!

六次産業の難しさ・皆さんにお詫び!

高木正三(ドリーム編集長)

原材料を提供する第1次産業、その材料を素に加工品を作り出す第2次産業、出来上がった加工品を提供(販売)する第3次産業。この1~3の産業を足しても(1+2+3)掛けても(1×2×3)6になることから、これらを有機的に結び付ける一連の産業をいわゆる「第6次産業」と呼ぶ。特に農山村地域においては、原材料の生産量で自慢していた第1次産業のみの男社会から農産物を買うのは女性が大多数の事実に気づき、加工品の製造、付加価値を付けたサービス提供や加工品販売まで行う第6次産業が盛んとなってきた。小さな農産物直売所の「おにぎり」や「団子」の売れ方・販売金額を見れば、「米」「小麦」で直接売る時との比較は雲泥の差がある。得てしてこのような所は、現金収入も多く地域の活性化にも繋がっている。




続きはここをクリックして下さい!
[PR]
by turbo1297 | 2018-03-09 17:51 | 食・農・環境・GT | Comments(3)
1月15日(月)ドリーム30年1月(通算第206)号発行
午後、熊本赤十字病院にCT検査に行った。
c0203348_10193180.jpg
明日、この検査結果を基に主治医と面談することとなっている。
c0203348_10201343.jpg
今月は、順調にリドームの発行を行うことができた。
1面を紹介しよう!

     いのちのタイマー

高木正三(ドリーム編集長)

1226日、27日の2日間それぞれ4時間熊本赤十字病院のベッドに寝そべっていた。8回目となる抗がん剤投与点滴の管を下げて。その2日後は、熊本市内で「ほんわかネット」の忘年会が開催され参加した。身体の調子も良く、回復している姿をみんなに見せたかった。みんなに電話の先の声は「空元気」と疑われたが、生身の身体と行動を示し少しは安心して頂いた。

安心は良いが、ふるさと食農ほんわかネットの理事長の徳野貞雄熊本大学名誉教授も4月に「虚血性心疾患」で入院されていた。症状の発見が早く治療も早かったのでほとんど後遺症は残っていない。殆んど誰にも知らせていないが地獄は見たはずである。




続きはここをクリックしてください。
[PR]
by turbo1297 | 2018-01-15 22:09 | 食・農・環境・GT | Comments(1)

21年3月定年退職した高木(ター坊)の野菜作り、障害者を守る会活動、お孫ちゃんとの会話を通じ、多くの方との素晴らしい出会いと笑顔の人生物語


by turbo1297